忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 05:40 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
 俺の人生オフサイド。
こんにちは。crestaです。


 というワケでScarlettレビューを更新しました。
2週間振りとなりましたが、僕の事、時々でいいから思い出して下さい。

 やー、今作は面白かったです。
雰囲気的にはファントムとかに近いかも。
あのゲームも裏社会って感じですが、スカレの方は銃声音すら稀なくらい地味。
でもやってる事自体はかなり派手。
その辺が、渋さを醸し出しつつ先の展開が異様に気になる所以かもしれません。

 結局本編は7時間程で終わっちゃいましたが、特にボリュームが少ないとも感じずでした。
話が上手い事まとまってると短くても満足でしてよ。
短くても満足てーと、終末の過ごし方とかロケットの夏、同メーカーの銀色とか。
こうして挙げてみると雰囲気的にもけっこう似てる気がします。
この辺の作品が好きな方は是非是非。


 さて、今回からエロシーン項目というのを追加してみたんですが、いかがでしょうか。
あんまりエロ方向に傾倒してないゲームで言及するのもアレなんですが、
折角だからエロについても語ろうかな、とか思いまして。

 エロ項目については逆に叩く人もいるかもしれません。
「オイオイ、重要なのはそこじゃねだろがよ!」
ってな風に。

 それもまた同意なんですが、エロ軽視の流れに一石を投じようかと思いまして。
や、全然投じてないんですが。まあ、エロも気になる人が着目してくれたらいいな、とか思い。

 つーかですね、やっぱ、どんなに話が面白くてもエロゲな以上エロシーンはあるワケですよ。
これはまあ何つーか、そういうカテゴリなんだから仕方ないでしょう。
エロシーンが無かったらエロゲじゃなくなりますもんね。

 しかし、エロシーン目的じゃないゲームがいっぱいあるのも事実。
や、目的じゃないかどうかは俺にはわかりませんが、なんてーか、
薄い。

 淫らに乱れた俺の魂では、普通に恋愛して普通に正常位とかではもう勃たないのですよ。
かと言って、シリアスな話でエロシーンに入っていきなりボルチオ性感帯とかを責めだしても
それはそれで困りますよね。

 しかしエロシーンが挿入される以上、何かこう、モヤモヤとしたモノが残るワケで。
微妙にエロイ。でも抜けない。その辺りの心の機微、
自分でも判りたくありませんが判っていただけると幸いです。

 結局何が言いたいのか我ながら曖昧ですが、
別にエロが薄いからダメと言ってるワケでもないです。激薄って程でも無いし。


 最近エロ嗜好が触手陵辱とか寝取られとかの極端な方向に偏りつつあるcrestaがお送りしました。
それではまた。
PR
【2006/06/11 13:44 】
CATEGORY [ エロゲイ ] COMMENT [ 0 ] TRACKBACK [ 0 ]
pagetop ∴
<<パソコン蛾ブッこわれた | HOME | 第1回・鳥肌人間コンテスト(後編)>>
コメント
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]