忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/18 17:59 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
 ども。俺です。俺俺。
悪いんだけどさぁ、20万円程振り込んでくれない?(挨拶)

 気を取り直してcrestaです。こんにちは。
一念勃起してエロゲを開始、見事SWAN SONGを読了いたしましたぞ!


割れ厨でない事をアピール


レビューはコチラ→■■■

 やー、今作は鬱かったですねー。
何かテキトーに買ってるせいか、鬱系のゲームと萌え系のゲームが
積みゲとして20本くらい混在していまして。
折角だから交互にやっていこうかな、とか思い。

 これなら一層楽しめるぞ!とか思ったものの、
ホンワカハッピー物と絶望物を交互にやっていますと、
急勾配なアップダウンに精神が病んできそうです。

 …え? 既に病んでるだろって?
そいつぁ言わない約束だぜ?

 本作は正直よくわからない所も多かった為、
レビューに何を書けばいいのか迷いました。

 物凄く面白かったのは確かなのですが、
果たして作者の意図するモノを私が受け取れたかどうか。
ここまで自信が持てない作品もなかなか珍しいです。難しい。


 そういや、よく『作者の意図するもの』とか、『作品の主題』とか、
国語の問題で出てきましたよね。
国語は数学とかと違って、そういった問題に対し決まった答えが無いから苦手、
などといった話をたまに聞きます。

 実際には完璧な解答というのは存在します。多分。たぶんて。
まあぶっちゃけ、問題作成者の心持ち一つですよね。

 そういったテストに出るような問題では、解答は決まってます。
答えは文章に書いてある事しか出てこないです。完全に。
つーか、主観入った解答を正答例とかにしたら問題作成者がアホです。
だって作者じゃないですからね。知るかと。

 だから、本文に書いてある事しか答えが無いのが基本です。
Aと聞かれたら本文に書いてあるBと答える。
まるでパズルのように、答えは決まってるモノなのですよ。
今はどうだかわかりませんが、俺の時代はそうでした。

 今はといえば、ここ数年前にたまたま高校入試の問題だかを見た時、
「○○について貴方が感じた事を書きなさい」
って問題がありまして。メチャクチャビックリしました。
やりますね日本教育。

 この問題の場合は完全に解答者の主観ですよね。
マルをつける人も大変そうです。実際は文字数とかで決めてる気もしますが。

 それはともかく、何らかの問いに対し主観を入れずに答えを得るには
本文そのものを拾ってくるしかありませんです。

 って事で、SWAN SONGの場合も、作者自身は介さずに誰もが納得の出来る解答というモノは文中にしか無いと思うのです。
しかしそれが読みづらい。こりゃ困った。

 けっこう、二転三転してるよな気もしまして。
完全にコレだ!といった核となるモノが無かったかなぁ、と。
あるのかもしれませんが。

 そういった面で少しばかり残念だったなあ、と。


 てな事を言いましたが、えー、ぶっちゃけ、私、
そんな読み方はしていません。

 おおう、長々と説明したのに台無し。
だって、面白いじゃないスか。十人十色の方が。
読んだ人全員に違う感想が出る方が面白いですよ。

 そういった意味で、先程の入試問題にはかなり驚愕したのでした。
なんてーか、許容される世の中が来たのかなぁ、と。


 って事で、もっと、純粋に、楽しもうぜ、と。

 このSWAN SONGでも、
「レイプ万歳!強姦シーンが最高でした♪」
とか言ってても良いんですよ。多分。
俺の感じた感情こそが、作品のテーマだと。

 レビューサイトとかやっていながらそんな事を言うのもアレなんですが、
そんな俺俺感情に共感してくれる人がいたら良いなぁ、と。
そういう気持ちでやっておりますのでした。


 えー、まるっきり話が明後日に向かってホームランしましたが
crestaでした。それではまた。
PR
【2006/05/15 17:40 】
CATEGORY [ エロゲイ ] COMMENT [ 0 ] TRACKBACK [ 0 ]
pagetop ∴
<<新宿スワン | HOME | 今日は一日中ダラダラとしてましてよ>>
コメント
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]