忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/19 21:04 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
 ロナウドとロナルドの区別がつかないcrestaです。ども。


 やー、発射されましたねー、ミサイル。
これは由々しき事態ですよ!
すいません、『由々しき』って使ってみたかっただけです。

 やー、でもホント怖いですね。ICBM。
大陸間弾道ミサイルですよ。大陸間。
すいません、これも言ってみたかっただけです。

 そこであえて私は、先の知れぬ恐怖を払拭する為に、
接頭語として『肉』をつけることを提案します。

 本日未明、肉朝鮮の肉ミサイル『肉テポドン』が日本海沿岸に着弾しました。
これに対し政府は、
「肉ミサイル発射行為は日朝安全保障条約を侵害することであり、
真に遺憾。肉憎々しい。直ちに経済制裁を行って肉とか言えないようにしてやる。マジで」
と発表。静観の構えです。どっちだ。


 ま、そんな事よりも我々エロゲマにとって重要なのはエロゲであり、
例え頭上に肉テポドンが降ってきてもエロゲを止めないくらいの肉欲が肝要かと思います。
がんばるぞ。平和維持。


 てことでコメンタリー紹介です。


>姫さま凛々しく!買っちゃいました。crestaさんがうらやましくて。


 拍手&コメントありがとうございます。
そして買ってしまいましたか! そんな事を仰っていただけると私、
思わず嬉しさノドン級。 引っ張るなぁミサイルネタ…。

 みぅみぅ言ってる私が羨ましいかどうかはさておき、
自分の書いた事で少しでも購入の後押しが出来たのではないかということは
やっぱり最大級の褒め言葉ですよ! 超絶に幸せテポドン2号ですよ!(そろそろ不謹慎)

 当方基本的に気が弱い為、人様の作品をレビューなんかしちゃってるのは
おこがましいと感じて止まないレビューサイトにあるまじきスタイル。

 どこにそんな権利があるんだ、とか思いながら点数付けて断じちゃってるのですが、
そんな後ろめたさもあってかレビューを書く際は基本的に
「それでも誰かが買ってくれるといいなぁ」と思いつつ書いているのです。多分。

 そりゃまぁ今イチな物には「面白くねぇ!」と端的に言いもしますが、
基本的姿勢は『(エロゲ)世界が平和になりますように』なのですよ。

 どんなレビューサイトであれ、ほとんどの作品に「ウンコ。2点」とか書いてあったら、
いかに信頼性の無いサイトでも多少の影響はありますよね。
何も知らずに見た人は「ふむぅ、このゲームはウンコなのか。」って思いますよね。
しかもその判断基準は個人の嗜好だったりする時もある。

 そりゃまぁホントにウンコなのもあるかもしれないですけど、
それはやっぱり何も生み出さないんじゃないかと。
レビューサイトなんておこがましい事やってますが、
だからこそ少しでもエロゲ界に貢献したいのですよ。

 それなりにエロゲとかが好きだからこそ、プラスの方向でいきたい。
かと言って全然合わなかったゲームに全部100点とか付けるのも違いますし、
自分なりの批評は残しつつ、出来るだけそのゲームの良い所を見つけて。
誰かが買ってくれて、言ってた通りに面白かったよと言われるような。
そんな気概でレビューしたいと思っちょるのです。出来てない気もするけど。

 だから、「買っちゃいました!」っていうコメントは私にとって最大級の褒め言葉なのです。
少しでも面白さが伝わってくれたのかな、と。
特にひめりりでは点数では75とかだったので、点数的にはそれほど高くないにも関わらず御購入の決断をされたということは、やはり何かしらビビッと来るものを感じ取っていただけたのかと。
本当にありがとうございます。俺の嬉しさスカッドミサイルです。


 って、何だか個人的なレビュー論になりましたがお気になさらずに。
姿勢的にはそんな感じですが、全部が全部買え買え言ってるワケでも無いです。
業界自体怪しい所もありますし、完成してないゲームとか、麻雀出来ない麻雀とか、etc…。

 批評は批評でちゃんとしつつも、そのゲームなりの良さが伝わるような。
誰かが興味を持ってくれるような。そんなレビューを目指して精進していきたいです。


 何かいきなり決意表明になりました。僕もある意味空中分解です。
crestaでした。それではまた。
PR
【2006/07/05 20:57 】
CATEGORY [ 無し ] COMMENT [ 0 ] TRACKBACK [ 0 ]
pagetop ∴
<<ひらがなみっつでこ・と・み | HOME | ウホッ!いい男! 第1回・かっこいいエロゲ男性キャラ選手権>>
コメント
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]